【マイルCS】ペルシアンナイト 上々の動き 今週もミルコが魅せる「チャンスある」

 「マイルCS・G1」(19日、京都)

 今週もM・デムーロが魅せる-。エリザベス女王杯をモズカッチャンで勝ち、オークス以来JRA・G1・9戦連続3着以内を記録したM・デムーロ。10戦連続と、最多タイとなるJRA・G1年間6勝を目指し、マイルCSで3歳馬のペルシアンナイトに騎乗する。

 15日、栗東CWでの追い切りは自らが手綱を取った。はるか前をいくシロニイ(3歳1000万下)を追走する形でスタート。馬なりのまま徐々にその差は詰まり、ゴール前では馬体を並べて併入。時計は6F84秒6-38秒4-12秒0と、馬なりなら十分と言える。

 「動きは良かった。休み明けを1度使った上積みはありそう。アーリントンCは瞬発力がすごかった。マイル戦は合っていそう。能力は通用すると思います」。手応えの良さに、M・デムーロは笑顔を見せた。

 ペルシアンナイトとコンビを組むのは今回が5回目。2月のアーリントンCを勝ち、4月の皐月賞では首差の2着と好走した。前走の富士S(5着)は馬場が悪過ぎた。良馬場なら結果は違っていたはずだ。

 池江師は「前走は初の古馬相手、休み明け、道悪、久々のマイル戦の四重苦で5着。やはり力のある馬。チャンスはあると思っている」ときっぱり話す。エリザベス女王杯は、3歳のモズカッチャンが牝馬の頂点に立った。ペルシアンナイトが3歳世代は牡馬も強いことを示したい。00年のアグネスデジタル以来17年ぶりの3歳馬Vへ、絶好調男が導く。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。