【ターコイズS予想2017】非情な騎手の世界!和田、ラビットラン降板もエテルナミノルで意地見せるか?!

12月16日(土)は中山競馬場で「ダーコイズステークス」が開催されます。過去10年で100万馬券以上の高配当が2度も出ており、波乱傾向がとても強いレースとしても有名です。このレースで高配当を狙う穴党のファンも少なくないでしょう。

今回穴馬として注目しているのはエテルナミノル(牝4、栗東・本田優厩舎)です。今年は積極的に重賞戦に挑戦し、前から中団からと様々な競馬で挑みますが、阪神牝馬ステークスとクイーンステークスの5着が最高着順となっております。

エテルナミノルは今回は2度目のコンビとなる和田竜二騎手で参戦。てっきり和田騎手は主戦を務めるラビットランで参戦するかと思いきや、なんと今回は短期来日中のクリスチャン・デムーロ騎手へと乗り替わりとなります。今年は何かとデムーロ兄弟にお手馬を奪われることが多い和田騎手ですが、社台の馬に乗る以上は無情の乗り代わりは付き物と思って割り切るしかないでしょう。

エテルナミノルで一矢報いることはできるか?今回も“逆襲”に期待!

今年の和田騎手は重賞3勝と例年以上の活躍を見せ好調ぶりが目立ちます。モズカッチャンではフローラステークスを制し同馬の重賞初勝利を果たし、オークスでも2着に健闘。そのモズカッチャンもローズステークスではミルコ騎手へと乗り替わりを告げられますが、8番人気のラビットランでこれを下して見事に優勝。モズカッチャンの乗り替わりには賛否両論出ておりましたので、この結果に湧いたファンも少なくないでしょう。しかし今回はそのラビットランも弟のクリスチャン騎手への乗り替わりが決定。騎手の世界の非情さには驚かされるばかりです。果たして和田騎手はローズステークスの時のように伏兵馬で一矢報いることができるのか?大きな見所となりそうです。

エテルナミノルはハンデが54.0kgとやや背負わされた感がありますが、前走エリザベス女王杯の56.0kgからマイナス2kgで、距離も2200mから1600mへ3ハロンの大幅短縮と条件的には悪くありません。クイーンステークスや福島牝馬ステークスでは1800mで流れて少し苦労していた印象もあるので、逃げ馬らしい逃げ馬が不在でスローペースとなる可能性が高い今回は、この馬向きの展開となる可能性も高そうです。馬券的にも一発を狙える一頭だと思うので、穴馬として注意をしておくとともに、和田騎手の逆襲にも期待して応援させていただきたいと思います。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。