【ジャパンC】3歳馬レイデオロ、2着もダービー馬の意地見せた!

 日本ダービー馬の意地は見せた。2番人気に支持されたレイデオロは、4コーナー7番手から上がり最速タイ(34秒6)の末脚を繰り出して0秒2差の2着。「スタートはいつも通り遅かったが、すごくいい走りができた。素晴らしいポテンシャルを見せてくれた」。何度もVTRを見直し、気持ちを整理して報道陣の前に現れたルメールは、3歳最強の力を示した相棒の健闘を称えた。

 「3歳馬はきついと思っていたが、よく頑張っていた。強い馬たちに胸を借りたことはプラスになると思う。これで休養に入ります」と藤沢和調教師は、来年の飛躍に向けてリフレッシュさせる方針を示した。

 また、同厩で7着のソウルスターリングも「牡馬相手できつい競馬になった。来年はエリザベス女王杯とかもあるし」と休養に入ることになりそうだ。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。