【ジャパンカップ2017予想】2頭出しは人気薄から。ソウルスターリング巻き返しのとき

今週はいよいよ今年の東京開催最終週。目玉はもちろんジャパンカップですが、今年は外国馬もまずまず参戦しており、レインボーラインが出走枠に滑り込んだことで秋の天皇賞上位組が揃いそうなことなど、今年も盛り上がりを見せてきました。

引退まで後2戦となった現役最強馬キタサンブラックの連覇となるか、久々に外国勢の復権が起こるのか、はたまたエリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップと存在感を見せ続けている3歳世代がここでも大駆けを見せるのか。

そんな中で私が注目したのがソウルスターリング。阪神JFからオークス制覇と牝馬のスター路線に乗り、どこまで成長するのかと期待されていた今年の3歳世代を象徴する存在でもありましたが、秋2戦は古馬を相手取ったとは言え、得意の東京コースでどちらも人気を裏切る敗退。さらにメンバーも強力になり日本の最高峰とも言える今回、なぜ敢えて狙い目と判断したか?

毎日王冠では1番人気、押し出される形でハナに立つなど、目標としては格好の的となってしまいました。続く天皇賞(秋)では一転して後方待機策に出るも、持ち味の見せられないまま、どちらも掲示板を外す敗北を喫しました。

一方で、ここに至るまでのソウルスターリングの好走したパターンを見てみると、逃げこそ結果が出なかったものの前目での競馬で勝利を築いてきたことがわかります。秋は2走とも古馬との対戦という不利な舞台にもかかわらず、自分の形を出さずに戦ってきました。

ジャパンカップも牡馬も混合の古馬相手で東京コースと前2走と似た条件ですが、今回はオークスで勝利したのと同じ距離です。当のオークスで2着だったモズカッチャンはエリザベス女王杯で文句なしの一線級古馬相手に優勝し、レースレベルにも問題はなかったと見ることができます。ソウルスターリングの持ち味を活かせるポジション取りが出来れば十分勝ち負けに食い込む巻き返しは期待できるでしょう。

続いて、「同厩舎の2頭出しは人気薄を狙え」という格言。ソウルスターリング擁する藤沢和雄厩舎からは同じく今年のダービー馬レイデオロが、神戸新聞杯勝ちからここに挑むことから、人気においてはレイデオロに軍配があがることが予想されます。

そしてソウルスターリングにとっては次の出走が年内と仮定するとローテーション的には有馬記念となるでしょうが、秋4戦目となる上G1連続3戦となると流石に厳しいところ。本気で勝ちに行くならここでこそ、というレースになるのではないでしょうか。ファンも多い馬ですので、ここ2戦の敗北ではそこまでオッズの下がることはないかもしれませんが、見落としのないよう馬券検討には加えておきたいところです。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。