【オールカマー】ルージュバック復活祭 末脚全開“最後の秋”悲願のG1獲りだ

 秋初戦をV発進したルージュバック

 秋初戦をV発進したルージュバック

 「オールカマー・G2」(24日、中山)

 残る時間はわずか。手が届きそうで届かないGI獲りへ、ルージュバックが秋初戦を最高の形で発進した。

 マイネルミラノの逃げは、前半の1000メートル通過が63秒1のスロー。直線に入っても懸命に踏ん張る逃げ馬にライバルが一斉に襲い掛かるなか、北村宏が選択したのは最内だった。ペースが上がった4角で外側に斜行し、他馬に不利を与えてしまったが、最後は内ラチ沿いから持ち前の末脚全開。並み居る強豪牡馬を切り捨てた。

 テン乗りでのVに、「思ったより穏やかな馬だった。男馬相手でも頑張って、力があるところを見せてくれました」と、鞍上は15年菊花賞(キタサンブラック)以来の重賞制覇に笑みを浮かべた。昨秋の毎日王冠以来の重賞4勝目。厩舎の看板馬の復活劇に、大竹師は「乗り役の好判断でしょう。今回は北海道からの輸送でゆっくり立ち上げられて良かった」とうなずいた。

 クラブの規定で来春の繁殖入りが迫る。もちろん、今秋の最大目標はエリザベス女王杯(11月12日・京都)。トレーナーは「残り少ないので。GIタイトルを獲らせたい」と意気込む。“天才少女”と言われた素質馬も、既に5歳の秋。悲願へ向けて、最後の大勝負に出る。

提供:デイリースポーツ


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。