【エ女王杯】ルージュV請負人ムーア様!

美浦トレセンを訪れたムーア騎手は、クールさの中にもルージュバックでのGI制覇に意欲を見せた (撮影・花田隆)

美浦トレセンを訪れたムーア騎手は、クールさの中にもルージュバックでのGI制覇に意欲を見せた (撮影・花田隆)【拡大】

 今年も世界のムーアがやってきた。今年2月に続き、英国のライアン・ムーア騎手(34)が短期免許を取得。9日に手続きのため美浦トレセンに姿を見せた。

 「いい馬たちに巡り合って、結果が伴うように頑張りたい」

 いつも通り、クールに口を開いた名手。母国では、英ダービー2勝のほか3度のリーディングジョッキーに輝き、今年も英愛2000ギニー(チャーチル)やコロネーションC(ハイランドリール)など、GIを勝ちまくっている。7月には英国で通算2000勝も達成。その手腕は世界NO・1だ。

 日本でもモーリスのマイルCS、天皇賞・秋、ジェンティルドンナのジャパンCなどGI6勝をマーク。今週のエリザベス女王杯も早速、GI請負人として重賞4勝の実力馬ルージュバックに騎乗する。「同じレースでも乗ったことがあるし、VTRも見ているから、彼女のことは少しは分かっている。他にも強い馬がいるけど、彼女も強い馬。その強さが結果に表れてくれることを願っているよ」と静かに意欲を燃やした。

 ポニーレースに出場したり、木馬で練習したりと、父の姿を追う7歳の息子トビー君の存在も大きい。「最近は僕の騎乗に意見もしてくるようになった」とはにかんでパパの顔も見せる勝負師が、ルージュバックを悲願のGI制覇に導くか注目だ。 (柴田章利)


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。