【エ女王杯】ミルコG1出場機会8戦連続3着以内 モズカッチャンで記録更新だ!

 「エリザベス女王杯・G1」(12日、京都)

 G1ならM・デムーロ-。5月のオークス(アドマイヤミヤビ3着)から、10月の天皇賞・秋(サトノクラウン2着)まで、G1騎乗機会8戦連続で3着以内を記録。今週のエリザベス女王杯のモズカッチャンで、9戦連続の期待が集まっている。

 「記録のことは知っています。G1レースでこれだけのいい結果を出していることはうれしく思います。いっぱい、いっぱい、いい馬に乗せてもらっているからこそだと思っていますし、今回もしっかり自分の仕事をしたいですね」。M・デムーロは、青い大きな目をクリクリさせながら笑顔で話す。

 モズカッチャンとはこの秋からコンビを組み、初戦のローズSこそ7着に敗れたが、前走の秋華賞では3着。早めに動いて直線ではいったん先頭に立つなど、ジョッキーの好判断もあった。「1コーナーで右前脚を落鉄していました。走りにくそうだったけど、落鉄していると分かっていたので早めに動きました。高い能力がある馬」。馬は初の古馬との対決になるが、オークス2着、秋華賞3着の実力は胸を張れる。M・デムーロは今回も一つでも上の着順を目指す。

提供:デイリースポーツ


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。