【エ女王杯】スマートレイアー衰え知らず!7歳の秋!悲願のG1制覇へ

 「エリザベス女王杯・G1」(12日、京都)

 7歳の秋を迎えたスマートレイアーだが、衰えるどころか、ますます元気いっぱいだ。前走の京都大賞典では強豪牡馬相手にV。16年4月の阪神牝馬S以来となる勝ち星を挙げた。その後も順調に調教を積まれ、8日の最終追い切りでも絶好の動きを披露。悲願のG1制覇が目前に迫っている。

 10日、確定した枠順は6枠12番。少し外めになったが、大久保師はドッシリ構える。「馬場の内が荒れているから外の方が良さそうだね。折り合いがつくようになり、どんな競馬でもできるようになった」と笑顔を見せた。

 主戦の武豊が9日、落馬負傷のため今週の騎乗をキャンセルすると発表。急きょ、川田と初コンビを組むことになったが、トレーナーは「テン乗りになるけど、そう心配はしていないよ。川田君なら合うと思う」ときっぱり。「あとはこちらがしっかりと仕上げるだけ」と続けた。

 過去10年で7歳以上馬は6頭が出走しているが、勝ち星はおろか2、3着すらない。3歳馬、4歳馬が4勝ずつと若い世代の活躍が目立つ。それでも簡単に引き下がるつもりはない。前走で牡馬を蹴散らした勢いのまま、ベテラン牝馬が統一女王の座を射止める。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。