【エ女王杯】クイーンズリング 連覇へ 絶好調のC・デムーロと輝き取り戻す

 「エリザベス女王杯・G1」(12日、京都)

 再び栄光を-。前年の覇者クイーンズリングが、史上4頭目の連覇に挑む。昨年V以降、勝ち星から遠ざかっているが、秋が深まるに連れて体調がアップ。前哨戦の府中牝馬Sでは、復調をうかがわせる走りを見せた。今回は短期免許で来日中のC・デムーロとのコンビ。目下絶好調の鞍上に導かれ、11年スノーフェアリー以来6年ぶりとなる連覇を果たしてみせる。

 悲願のG1初制覇から丸1年が経過。連覇を目指すクイーンズリングにとって、この1年間は苦しい戦いが続いた。昨年暮れの香港C(9着)は強豪の厚い壁に阻まれ、阪神牝馬S(15着)では道悪&落鉄する不運。続くヴィクトリアマイル(6着)も見せ場止まりで、昨秋の輝きは影を潜めた。

 それでも、秋初戦の府中牝馬Sでは、久々にこの馬らしい走りを披露。4着とはいえ、次戦に期待を抱かせる好内容だった。「(3枠4番の)枠の良さを生かし切れなかったが、直線はいい伸びを見せてくれた。この時季がいいのかな。今は毛ヅヤがいいし、すごくいい状態です」と吉村師。夏の休養が奏功し、充実の秋へ。前年の覇者が、ようやく輝きを取り戻しつつある。

 復調しただけではない。この1年で心身ともにパワーアップしている。前回の馬体重は自身過去最高の470キロ。師は「たくましくなった感じがします。カイバ食いは、去年よりもうひとつ良くなっていますよ」とうなずく。重厚感を増した姿で、再び淀へ帰ってくる。

 今回は短期免許で来日中のC・デムーロとの新コンビ。この秋はあいさつ代わりにスワンS(サングレーザー)を制すと、続く2週目もファンタジーS(ベルーガ)をV。その勢いはとどまるところを知らない。「1週前に乗ってもらいましたが、好感触を得てくれたよう。最終追いも乗ってもらう予定だし、分かってもらえると思う」とトレーナー。頼もしい助っ人を背に、再び女王の座に就く。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。