【エリザベス女王杯2016予想】強豪牝馬を打ち破れるか厳選穴馬3頭

2016年11月13日に京都競馬場で行われる第41回エリザベス女王杯。今回も期待が集まる一戦になりそうだ。注目の出場馬としてはマリアライトやミッキークイーンなど一線級の牝馬が揃った。そんな中でも少し注目度の落ちる穴馬に目をつけて今回は書いていきたい。

距離克服が鍵となる上がり馬ヒルノマテーラ

競走馬の成長力とは、時として人知を超える時がある。それこそ数ヶ月前は平凡な競走馬だったのが、あれよあれよと勝利を積み重ねて表舞台に姿を現すこともある。滅多にあることではないが、それでも年に数頭は見られる競馬の醍醐味だ。そんな醍醐味を体現してくれている一頭が、今回エリザベス女王杯に出走をしてくるヒルノマテーラである。

ヒルノマテーラも今年が始まった当初は、500万下条件を勝ちきれないどこにでもいる平凡なサラブレッドだった。ところが、2月末に500万下を卒業したかと思えば、続く1000万条件で3着となり、その次には1000万下を突破。そして準OPを4着した後に出走をした重賞マーメイドSでは、軽量51㎏を活かして4角11番手から2着に追い込んで見せたのだ。

半年前まで一年以上500万下を勝てなかった馬が、気がつけばいきなりのオープン馬という大変身である。そして一旦休養に入ると、復帰初戦のカシオペアSでは牡馬を相手に優勝。マーメイドSが軽量に恵まれたフロックではないことを見せつけてくれた。

この大変身の裏には、血統の要素が多分に含まれていると思われる。父マンハッタンカフェも、3歳の夏に急成長をして500万下、1000万下を連勝すると、セントライト記念4着の後に菊花賞を、そして有馬記念をも優勝してしまったのだ。非常によく似た軌跡を描いており、ヒルノマテーラも上昇気流に乗ったと見て良いだろう。

ヒルノマテーラを管理する昆貢調教師はこれまで中央重賞では10勝をあげているが、複数勝利した3頭の馬によって構成されている。

ヒルノダムール2勝・ローレルゲレイロ4勝ディープスカイ4勝と特定の馬主の馬をまとめて面倒を見るタイプの調教師と言う事がこの数字からも推察できるが、現在20の馬房を回している39頭の内の9頭が『株ヒルノ』の所有馬。昆貢調教師と『株ヒルノ』の関係は非常に良好で、エリザベス女王杯でも全て調教師を信頼しているオーナーサイドが特に注文をつけることがない。

肝心のヒルノマテーラはここをメイチに仕上げてくるだろう。この馬を侮っていると痛い目に遭う可能性が高い。確かに追い込み馬なのである程度前が流れてくれないと展開の利は見込めないが、スローペースになったらその時の騎乗方法も十分想定済。策が全くないままGⅠレースに騎乗するジョッキーはいない。

フェブラリーSでコパノリッキーが16番人気のシンガリ人気だった時、田辺騎手は逃げ馬の後ろにピッタリマークし、後ろからプレッシャーをかけ逃げ馬を潰し、ロングスパートで快勝した。16番人気でも騎手は無策ではないのだ。

ヒルノマテーラの1番の魅力は爆発力満点の豪快な末脚。ただし、ヒルノマテーラは24戦して一度も2000m超えるレースに出走をしたことが無い。今回は初距離の2200mなので、これまでのようなレースが出来るかは未知数だ。距離さえ克服できれば、ミッキークイーンにも劣らない爆発的な末脚で一刀両断も夢ではない。果たして四位騎手がどの様に乗りこなすのかが非常に楽しみだ。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。