【エリザベス女王杯・田中歩の馬と歩もう】まさに充実期!秋華賞に続いてディアドラが本命

 第42回エリザベス女王杯・G1が12日、京都競馬場で行われる。土曜付「UMAJO(うまじょ)報知」で予想コラムを執筆中のフリーアナウンサー・田中歩さんは、11番枠を引き当てたディアドラに◎。3連単をヒットさせた秋華賞に続く本命指名で、天皇賞・秋に続くG1連勝を狙う。

 皆さんこんにちは! 秋も深まり、今週から年末にかけて怒とうのG1ウィーク。私も下半期は成績良く終わりたいので、さらに今週から頑張ります!

 エリザベス女王杯は幼い頃から欠かさず見てきた大好きなレースのひとつ。出走馬が編み込みや髪飾りを着けてパドックを歩く姿を見るだけでワクワクしていました。豪華メンバーの今年、本命は秋華賞に続いてディアドラに託します。その秋華賞は最速の上がりで差し切り勝ち! 強い内容でした。12キロ増の馬体はパワフルさを増し、まさに今が充実期。今回は体を絞って究極の仕上げ。前走、重馬場を走ったダメージはなさそうです。コンビを組む岩田騎手は「(春に比べて)重心が下がり、素晴らしい走り。切れ味も増している」と太鼓判。3歳戴冠(たいかん)を期待します。

 対抗はヴィブロス。ドバイ帰国後初戦の府中牝馬S(2着)では末脚の切れが素晴らしかったです。上積みと馬体の成長を見込める今回は距離延長をこなしてくれそうです。世界を制した実力は本物。好相性の京都コースに替われば好勝負は間違いありません。

 3番手評価はルージュバック。3頭併せでの最終追いで貫禄の最先着を果たし、大竹調教師は「イメージ以上に反応が速いし、今回は順調さが違う」と強調。世界の名手ムーア騎手が、悲願のG1制覇へ導きそうです。

 さて、本命に押したディアドラの父は英国産のハービンジャー。G1勝ちは“キングジョージ”だけですが、そのレースを今年、生観戦してきました! 12日から放送の「海外競馬の達人~アスコット競馬場」をぜひご覧ください~!(フリーアナウンサー)

 【田中歩アナの印】

◎(11)ディアドラ

○(16)ヴィブロス

▲(17)ルージュバック

★(10)ミッキークイーン

△(5)モズカッチャン

△(6)リスグラシュー

△(7)クイーンズリング

△(12)スマートレイアー

 ◆田中 歩(たなか・あゆみ) 茨城県出身。大学卒業後、客室乗務員を経てフリーアナウンサーに転身。現在、南関東地方競馬チャンネルのキャスターとして出演中。父は美浦の田中剛調教師。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。