【エリザベス女王杯】5着ヴィブロス 友道調教師「かかってしまったことがすべて」

 5番人気のモズカッチャン(牝3・鮫島)が優勝したGI第42回エリザベス女王杯(12日=京都芝外2200メートル)で、1番人気のヴィブロスは5着に沈んだ。

 スローだった展開を考えれば、絶好のポジションから競馬を進めていたように見えたが、実際は折り合いを欠いての追走だった。「ずっとハミを取ってリラックスできていなかった。最後は疲れてしまいました」とルメールが言えば、見守った友道調教師も「今回に関してはかかってしまったことがすべて。最初だけでなくずっとだから」と同調した。

 状態が良過ぎたからこそ生まれた現象なのか、それとも単純に距離が長かったのか…。今後に課題を残した。なお、このレースで年内出走は終了の予定。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。