【エリザベス女王杯】岡部元騎手の金言から浮上「3冠オール出走」デンコウアンジュの超穴はないか

【エリザベス女王杯(日曜=13日、京都芝外2200メートル)栗東発トレセン秘話】以前もこんなことを当コラムで書いたかもしれない。

 かつて元騎手の岡部幸雄氏が、菊花賞当日の競馬番組の解説で「3冠全てのレースに出走すること自体がすごいことなんです」と話し、ある伏兵馬をピックアップ。その馬が見事に馬券圏内に入り、好配当を演出したことがあった。その指摘に「なるほど」と感心した記者はそれ以降、成績問わずで3冠全てに参戦する馬には敬意を持ってきた。要約すると、こんな感じの話だ。

 それなのに…。今年の菊花賞では、この金言をすっかり忘れてしまっていた。距離が長いとみて無印にした“3冠皆勤賞”のエアスピネルが、最後の1冠で銅メダルをゲット。道中かかりながらも、最後までバテずに脚を伸ばした姿は、まさに3冠オール出走を果たす馬の底力であった。

 この3冠オール出走は何も牡馬だけが評価されるべき話ではない。いや、むしろ消長が激しいと言われる牝馬の方が、その軌跡はたたえられるべきものだろう。

「その点については本当にえらい馬だと思うよ。3冠もそうだけど、その前の2歳GI(阪神JF=7着)から全ての(世代別牝馬限定)GIに出走しているんだからね。栗東トレセンの事務所、もしくは大スポから、皆勤賞のメダルをもらいたいぐらい(笑い)」

 エリザベス女王杯にデンコウアンジュを出走させる佐藤助手の弁だ。

 桜花賞=10着、オークス=9着、秋華賞=9着と、牝馬3冠の結果はいずれも冴えないが、桜花賞は前が詰まるロス、オークスは勝ち馬に寄られる不利があってのもの。…


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。